Maple

備忘録として。せっかくなので誰かの何かのお役に立てればと思います。

【実体験】留学で日本人とつるむのは悪くない?コツは関わり方

f:id:nskw20canada:20191215142227j:plain

こんにちは、にしけん(@maple_nscanada)です。

 

あなたは留学中に日本人と友達になったり、つるんだりすることをどう思いますか?

 

よくある考え方
  • 日本人とはつるまないようにする
  • 日本人が少ないところに留学する
  • 日本人と友達になったら英語は伸びない

あなたも1度は考えたことがあるかと思います。実はこの考え、あなたの留学が嫌な思い出になってしまう危険もあるのです。

 

以前ツイートもしましたが、日本人だけで固まることがいけないだけです。

 

僕はなんとか自分で気づくことができました。その実体験に基づいて、留学での日本人との人間関係の作り方を紹介していきます。

結論:留学で日本人の友達は必要

f:id:nskw20canada:20191215142255j:plain

結論から言ってしまうと日本人の友達は持つべき です。日本人と遊ぶのは全く悪いことではありません。

 

なぜか?日本人の友達がいることで助かることがとても多いからです。

 

日本人の友達がいて助かること
  • いつでも日本語で相談できる
  • 日本人つながりで友達が増える
  • 疲れたときに一番気楽なのは日本人

これらが長期間できない生活を想像してみてください。絶対しんどいですよね。 

 

逆に日本人の友達を持つデメリットは、日本人としか遊ばない可能性があることのみ。

 

このデメリットは日本人とのつきあい方をひと工夫すれば問題なしです。

 

日本人の友達を持つメリット

f:id:nskw20canada:20191215142911j:plain

上記でも述べましたが、日本人の友達がいるとよりストレスフリー&より充実した生活を送れます。

 

メリット
  1. 友達の輪が広がる
  2. 情報共有・深い話ができる
  3. 英語から逃げたい時の支えになる

具体的にどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

 

友達の輪が広がる

友達の輪が広がると言うことは、単純に外に遊びに出る機会が増えます。

 

つまり、英語を話す機会と遊びに誘える友達が増えるということ。

 

日本人といっても来た時期はみんなばらばら。友達が友達の輪を広げてくれるんです。

 

注意点としては、日本人だけのコミュニティに属してしまわないこと。

 

日本人だけで固まってしまうと、日本に暮らしているときと環境が変わりません。

 

情報共有・深い話ができる

 

英語で日本語と同じような深い話ができる自信ある?

ん~..同じようにできる自信はないかもしれない..

 

本音は日本語と同じように英語を操りたいという方が大半だと思いますが、そこまでの鬼のような過程を海外で1人だけで背負うのは荷が重すぎます。

 

なので、つらさの共有ができる友達を持つことはあなたの英語学習の精神的な支えにもなるんですね。

 

実際に長い期間、海外に滞在していると無性に日本語で話したくなるときがあります。そういったときのために日頃から日本人の友達は持っておくと良いでしょう。

 

また、留学初期のどうしても英語に自信が持てない時期は、無理せず日本語で情報収集することも必要です。

 

英語以外の情報を遮断して、めちゃめちゃ面白いイベントの情報逃してたら元も子もないですよね。

 

英語スランプの支えになる

留学してると必ず英語スランプに陥る日が来ます。

 

そんなとき、日本人の友達がいないと英語を話し続けるしかできず悪循環。

 

日本人の友達とご飯にいって話したいことを日本語で全部話しちゃいましょう。基本的にみんな同じ経験をするので、共感してもらえます。

 

日本人にしかできない気遣いや感覚があるのは事実。留学先で会った日本人同士しんどいときは助け合いましょう。

 

おかげさまで、次の日は心も英語の調子もすっきりしてると思いますよ。

 

日本人の友達がいないデメリット

f:id:nskw20canada:20191215142933j:plain

「日本人とは関わらない!」と意気込む人が一定数いるのは事実。しかし、それにはデメリットがあることも頭においておきましょう。

 

デメリット
  1. 日本人からも距離をとられる
  2. 海外出身の友達だけだと疲れる

日本人の友達がいなくても死ぬことはないですが、もし何かあったときに困ります。

 

日本人から距離をとられる

何かあったときに困る一番の原因がこれ。日本人があなたから距離を取り始めます。

 

考えてみてください。日本人を避けて生活している人と友達になりたいでしょうか?

 

なりたくないと思った人が多いと思います。つまり、日本人であるあなたの一番の理解者「日本人」を自分から遠ざけてることになります。

 

海外出身の友達は少し疲れる

あなたや友達の英語レベルにもよりますが、どちらもそれなりの英語力がない場合どこかのタイミングで疲れる時期がやってきます。

 

理由は単純で、意思疎通がスムーズに行えていないからです。

 

これは英語力アップの過程においてだれもが通る道。しかし、1人で乗り越えるのはなかなかのハードワークです。

 

コツ:ちょうど良いバランスを探す

f:id:nskw20canada:20191215142950j:plain

日本人と友達になった方が良いと言われても、まだ日本人と積極的に友達になるのは不安が残るという方もいると思います。

 

なので、両極端にはならずにちょうど良いバランスを友達関係を作り出すコツを紹介しましょう。

 

あなたが日本人と海外の友達の架け橋になっちゃえばいいんです。自分の海外の友達を日本人と遊びに行くときにも誘ってあげましょう。

 

たまには日本人だけで遊ぶことも大事ですが、留学に来ているなら海外の人が一緒に来ても嫌な顔をする人はいないでしょう。

 

そこで嫌な顔をする人は友達にならないほうが良いです。きつい言い方をしますが、そんな方はあなたの留学生活には必要ないですから。

 

まとめ:みんなと友達になろう

f:id:nskw20canada:20191215142409j:plain

今回は留学生なら誰もが考えたことがあるであろう「留学先での日本人との人間関係」について書いてきました。

 

「日本人」もしくは「海外の友達」の両極端になるとデメリットが際立つので、上手にやりくりして快適で楽しい留学生活を送りましょう。

 

少しでもあなたの留学生活の参考になればと思います。

 

\ こちらの記事もおすすめ /