Maple

備忘録として。せっかくなので誰かの何かのお役に立てればと思います。

【カフェとコーヒー】ビクトリアの Little June に行ってきた!

f:id:nskw20canada:20191104133604j:plain


こんにちは、にしけん(@maple_nscanada)です。

 

カナダ留学もそろそろ終盤に近づいてきました。さみしいですねえ。

 

しばらくカフェでコーヒーを飲みながら勉強する生活が続き、気づいた頃にはグーグルマップ上にある訪れたコーヒー屋さんのピンが40本近くに。

 

せっかくだしビクトリアに来たからにはおいしいコーヒーを飲んでほしいなと、行ったことのあるカフェをこれから徐々に紹介していこうと思います。

 

では記念すべき1つ目のカフェ。

 

Fernwoodというきれいな住宅街にぽつんと位置する Little June を紹介していきます。

 

Little June

最初にも書いたように Little JuneFernwood という住宅街に位置するカフェです。

 

こんなカフェ!
  • できて1年ほどの新しいお店
  • ドリンク・フードともにメニューが豊富
  • 閑静できれいな住宅街でリラックスできる
  • WiFiがないのが残念

 

ダウンタウンからは22番のバスで約10分ほど。

 

Fewnwood / Gladstoneというバス停で降りたらすぐそばにあります。

 

歩いてもいけちゃう距離にあるので、散策したい方にも嬉しいですね。

 

メニュー

見えねえ。やっぱりそうですよね。

 

頑張ってメニュー全体が入るように撮ろうとしたんですが無理でした。

 

ということで、もっと見やすいメニューをこちらに張っておきます。

f:id:nskw20canada:20191017171929p:plain

 

ちなみにコーヒーなどのドリンクメニューはこんな感じ。

 

ドリンクメニュー
  • Coffee
  • Espresso
  • Americano
  • Macchiato
  • Cappuccino
  • Latte
  • Flat White
  • Mocha
  • London Fog
  • Chai Latte
  • Africano
  • Tea
  • Hot Chocolate
  • Cold Brew

 

ちなみに、ここはコールドブリューはナイトロコールドブリューが出てきます。

 

炭酸の入ったようなシュワシュワしたコーヒーがきらいな人は頼まないようにね。

(下の写真の2段目真ん中あたりにあるおしゃれな缶がコールドブリュー)

 

こんな感じで1番下の段にはお酒も販売しているようですね。

 

アサヒビールはカナダでもよく見かけます。わざわざカナダのカフェでアサヒの瓶を飲んでみるのも良いかもしれないですよ。

 

雰囲気

外観はこんな感じ。

写真の1階部分がカフェですね。入り口は左の角になってます。

 

レンガ造りになっていて外観はなんだかうっすらとヨーロッパ風?な雰囲気。

 

中の方はどんな感じでしょうか。ではさっそく見ていきましょう。

 

 

こんな感じでテーブル席とカウンターが並んでます。

 

店内は小さすぎず大きすぎずというなんともちょうど良いサイズ感でお気に入りです。

 

しかし、なんでこんなに写真は暗いんだというね。

実際はもっと明るくて写真よりもはるかに雰囲気良いです。

 

お客さん

コンビニ感覚でクッキーやドリンクを買いに来る高校生くらいの若い子たち。

 

パソコンでの作業や課題をしている大学生と社会人らしき人たち。

 

世間話をしにきたご年配の方など幅広い層の方たち。

 

こんな感じでだれでもゆっくりした時間を過ごせます。

スタッフ

スタッフさんは4-5人いらっしゃいました。

 

やっぱりカナダはどこにいってもカジュアルな働き方が浸透しているように感じます。

 

スタッフさんがお皿を下げてくれるときに、水のコップを一回り大きいコーヒーカップに入れてしまいすぽっとはまってしまったのであたふたしていたら「そんなのいいよ!」と一言。

 

そのあと抜けたのかは知りませんが、気持ちいい接客でしたね。

 

その他 

音楽

カフェって基本的にBGMが流れていますよね。

 

それによって雰囲気もがらっと変わりますし結構重要な要素じゃないですか?

 

Popsのヒットチャートととか流されると一気にカフェ感がなくなる気がしてしょうがないです。

 

Little June ではゆったりした日曜日の朝を感じるような音楽が流れていました。

 

近所

もう1つこのカフェの良いところは近所がとてもきれいな住宅街で、ほんと良いところにお店出したなあとつくづく思います。

 

ほんとにコーヒーのあとにでもお散歩してみてください。超おすすめです。

 

コーヒーとフード

メインパートですね。せっかくだからおいしいコーヒーが飲みたい。

 

今回はアメリカーノとサンドイッチをオーダーしました。

アメリカーノとブレックファストサンドイッチ

値段は3ドル。カナダではスタンダードなお値段ですね。

 

テイスト

一言。おいしいです。

 

何かチョコレートのような独特な香りがして飲む前からおぉっという感じ。

 

後味として少しパンチの強い感じがしますね。

 

癖のないコーヒーが好きな僕ですが、全体的にすごく楽しめたコーヒーでした。

 

 こちらはブレックファストサンドイッチ。ちなみにお昼でも頼めました。

 

お値段はチップ込みの8ドルほど。少し高いかなあと感じました。

 

テイスト

味はですね、少し良いベーコンを使ったイングリッシュマフィンです。

 

何が言いたいかというと、おうちで作れます。

 

絶対その方が安い。もう少し良い感じのを期待していたんですが少し期待外れです。

 

まだまだ頭の中が日本なんでしょうかね。

 

でもクッキーを購入している方は結構見かけましたよ。

 

良かったら試してみてください。

 

お豆販売コーナー

入り口から入って正面にあるレジの左サイド。

 

セルフサービスの水やミルク・クリームなどの上段にコーヒー豆が販売されています。

 

このコーナーめちゃめちゃ好きなんですよね。

 

いろんな国のいろんな味のするコーヒーが並んでいて、お金があれば試してみたいなあといつも思うばかりです。

 

Little June では Fernwood Coffee Company でローストされたコーヒーを使用していて、それを店頭でも販売している形です。 

 

種類
  • シングルオリジン
  • エスプレッソ
  • ブレンド

エチオピア・ブラジル・メキシコなど複数のファームからのコーヒーです。

それぞれ味に違いがあるみたいなのでぜひ。

 

ディカフェ(カフェインなし)のコーヒーも置いてあります。

 

まとめ

Feronwood にある Little June どうでしたでしょうか。

 

フードよりもコーヒーに力を入れているカフェでしたね。

 

インターネット目的で行ってもWiFiはありませんのでご注意を。

 

ぼーっとしながらのコーヒーも良いですよ。

 

オフィシャルサイト

 

行きたくなったら下のグーグルマップからどうぞ!